プロとして積み上げること


見えないところで能力磨きを怠らず、コツコツ積み上げることがプロ。

かさこ塾の投稿が続くが、昨日受け取った塾生の名刺たち。

同じ講義内容を受け、同じ宿題期間で取り組んだが、重複することなく各自がバラバラの名刺を持ってきた。

(文字要素に加工済み)

(文字要素、顔写真は読み取れないように画像加工済)


制作能力や名刺に対する考え、時間的余裕など様々な要素で差が生まれたと思う。

が、やはり日々積み重ねた技術、ノウハウは明確に現れたなと感じた。

断っておくが、決してデザイン能力が不足した方の名刺を否定するつもりはない。

純粋に、表現能力、デザイン能力、発信する力を日々磨いている方のものはパパっと短期で作ってもその片鱗が出るものなんだなと感じた、と言うこと。

日々磨いているプロの能力は、ここぞという時に威力を発揮し、必要に応じて超短納期にも超高品質にも対応する。

「たった数時間で出来たなら、安くできるよね?」なんてのは、改めて浅はかな見当違いなんだと感じた。

短納期であっても、日々積み重ねている人は、出すべきものが出せる。

コツコツ積み上げることを続けなければなと刺激を受けた。

 

制作期間が、たった数時間しかなくても。

やらない人もいるし、数時間に見合ったものを出す人もいるし、信じられない高品質のものを出す人もいる。

誰も間違ってはいない。多様性があって良いと思う。

ただ一点、日々積み重ねている人は納期が短くとも出すものを出せると言うことは、プロとして大切なこと。

 

1 Comment

  1. Pingback: 本番に備える心掛け | 空撮映像作家コジロウのブログ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です